墨汁の暗号通貨速報

主にETC、BTCを中心に海外で手に入れた情報を最速?で掲載してます

秘密基地(XCP)のサーバーメンテと新機能の追加

f:id:bokujyuumai:20170125061316j:plain

秘密基地(XCP)

 

XCPベースアセットを持ってるユーザーなら誰でも無料で使用可能な秘密基地(XCP)のサーバーメンテが行われました。

 

 

修正アップデート内容

・バグ修正:秘密基地(XCP)登録後ツイッターの名前を変えた時にアクセスできなくなる現象

 

・下書き機能の追加:秘密基地(XCP)にトークンオーナーが記事を投稿する際、公開前に下書きを作成することができるようになりました

 

・ポジションのリアルタイム配信:ふがふがさんとヨーロピアンさんのbitFlyerでのBOTのポジションを一定時間ごとに配信

 

・投票所のグラフ導入:投票状況を簡単に確認することができます。

 

 

BOTのポジションリアルタイム配信

現在APIは下記2名専用とし、BOTのポジションをリアルタイム配信を行っております。墨汁もBOT開発中のため今後自分を含む他BOT作成中の方のポジションも公開予定です

 

・ふがふがさん

 *10分に一度更新されます。

 

hugahuga-bit.hatenablog.com

 

・ヨーロピアンさん

 

medium.com

 

トークン数によりポジション更新の時間変化などもありますのでお二方の記事を確認し、フガフガトークンまたはヨーロピアントークンをIndieSquareなどのカウンターパーティウォレットから寄付後受け取ってください。

 

また二人とも秘密基地で記事を書いていますのでそちらも参考にしてください。

 

秘密基地管理者

また今後更なる機能の追加とパフォーマンスの改善を行っていく予定です。開発者の桜さんへの寄付は下記から行えます。

1 YUSURA・NUMA・NUKO・WANKO いずれかを100以上お持ちの方は広告が非表示になります
2 YUSURA・NUMA・NUKO・WANKO いずれかを500以上お持ちの方は投票所を作れます

 

xcp.how2nyan.info

 

詳しい登録方法は下記の過去ログを参照してください。またTokenTalkを使用していた方は同じMarkdownでの記事作成となりますので、簡単に引っ越しが可能です。

 

不具合などは自分または桜さんへ連絡をください。

 

このブログは下記サイトへと移転しています。

ethereum-japan.net

 

 

ビットコインETFは承認されない?ビットコイン高騰の理由となりうる起爆剤に暗雲

 

ビットコイン取引所として世界で初となるETF(上場投資信託)を目指してSEC(米国証券取引委員会)に去年から申請を行っていたウィンクルボス兄弟のGeminiビットコイン取引所の続報がありました。

 

Coindeskの記事の翻訳全文と米国大統領に就任したダニエル・トランプ氏の影響は下記からどうぞ

ethereum-japan.net

 

中国市場が与える承認への影響

Brill氏はCoindeskとのインタビューの中で、中国のビットコイン市場が価格に影響を与えるなどの要因によりビットコインETFの承認を得ることが難しいのではないかと考えていると説明した。

 

と元Geminiの弁護士Brill氏は述べていますが、実際の中国事情をおさらいしていきます。

 

PBoCによる監査と中国のレギュレーション

1月に入ってのPBoC(中国人民銀行)のビットコインに対する規制により、信用取引の廃止を強いられることとなりました。

 

 

 

 

など中国の3大ビットコイン取引所、OKCoin、BTCC、HuboiはPBoCの規制に従い信用取引ビットコインの融資などを廃止した結果

f:id:bokujyuumai:20170122050304p:plain

最大取引量14MBTC→1MBTCと1/14の出来高まで収束してしまいました。

 

その結果日本の取引量をトップでささえるふがふがさんが世界の取引量の1%を手中に収めてしまいました

 

 

一時Huboiを超えて世界3位の取引高(24H)を記録しましたね。

目に見えてビットコインの取引量が激減していることがわかりますがこれはETF申請にとっての一つの懸念が軽減されたと捉えていいでしょう。

 

Store of Value(価値の保存)

ボラティリティ低下によってビットコインにはどのようなメリットが起こるかは下記過去の記事を参照してください。マスタリングビットコインの著者であるアンドレアス氏のインタビューにて「一般人と主流のユーザー基盤に通貨として供給するにはビットコインは低ボラティリティレートを維持する必要がある」と主張しています。

 

bokujyuumai.hatenadiary.com

 

ビットコインETFによるビットコインの価格高騰

そして実際ETFが承認された際のビットコインの価格影響はこち

 

bokujyuumai.hatenadiary.com

 

Gemini取引所の進展についてはこち

実は日本ですでにローンチ済みです

 

bokujyuumai.hatenadiary.com

 

結論と考察

詳しい考察については後日秘密基地(XCP)にて記事を出そうかと思います。

秘密基地(XCP)についてはこちらをどうぞ

bokujyuumai.hatenadiary.com

 

このブログは下記サイトへと移転しています。

ethereum-japan.net

 

 

2017年国内でGOXしそうな取引所ランキング(秘密基地更新)

f:id:bokujyuumai:20170103064859j:plain

 

暗号通貨取引所は国内で上げるなら

 

・bitFlyer

Zaif

・Coincheck

・Kraken

・Quoine

 

をランク付けし2017年GOXする可能性の高い取引所ランキングを各取引所のやらかしなどをまとめました。

 

この続きは下記からどうぞ

xcp.how2nyan.info

 

BKJ所持者でまだ秘密基地(XCP)に登録していない方は下記登録方法の記事より登録を行って下さい。

 

bokujyuumai.hatenadiary.com

 

このブログは下記サイトへと移転しています。

ethereum-japan.net

 

 

セキュリティアラート:イーサリアムフォーラムの不正アクセスとデータ流出

 

本記事は下記サイトへ移転しました

ethereum-japan.net

このブログは下記サイトへと移転しています。

ethereum-japan.net

 

 

BKJ所持者への配当と12月投票イベント

ビットコイン高騰にあたりアルトコイン(オルトコイン)の氷河期が訪れイーサリアム(ETH)に至っては0.0220→0.0106という半分という恐ろしい時期が来ましたね。

 

私墨汁もほとんどのシットコインアルトコインを損切りし資金を回収してbitFlyerへと戻ってきました。定期GOXするまではBTCFXで資金を回復しつつ配当を配ろうと思います。

 

現状の推移

青が損失で黄色が利益です。

f:id:bokujyuumai:20161211220148p:plain

 

現状bitFlyer FXには変なBOTがおり中国と相場が乖離していますがなんとかプラスにしてる状態です。

 

bitFlyer FXは仕手でもうマイクハーンです

 

中国も90k行った今定期GOXするまでは100kに挑戦し続けると読んでいます。

bitFlyer FXは中国との動きに一切連動がなくもはやなにを基準に価格を決めているかわからない状態です。

15日までは下げBOTでしたが現在は上げBOTに変わったようです。

 

左がbFで右がOKいかにおかしいかわかると思います。

f:id:bokujyuumai:20161215055657j:plain

 

現物もFXも動きがめちゃくちゃで仕手で遊ばれています。現在は下げから上げに変わったようです

 

他の取引所はどうかしりませんが現在のbitFlyerでの取引はオススメしません

 

配当の利回り

12月7日に配当を配りました。

合計配当は0.03826768

現物を91,000円/BTCで計算すると3,482円

BKJの総配布数が255,146BKJなので500BKJごとに6.8円という計算になっています

 

総配布数が極端に増えてるので第一回の配当より利回りは下がっています。

 

(本当は0.43の予定がCounter Partyの仕様なのか最低残高をある程度残さないといけなく出金できませんでした)

 

現在妨害BOTのため日の利益が1/3に落ちてますが継続して利益を配りたいと思います

 

12月クリスマス投票イベント

さて通常10BKJ=1XSMで投票用の配布をするのですが

クリスマスイベントということで同日12月7日に10BKJ=1.5XSMで配布しています

最大投票数が3回なので1000BKJもってる方は通常2回ですが3回投票できるようにクリスマスプレゼントしておきました。

 

投票内容と景品

今回はクリスマスということもあり景品も盛りだくさんでいきます。

前回当選者が1名だったため500円と100円はキャリーオーバーとしています

 

bokujyuumai.hatenadiary.com

 

さて実際に墨汁を当てた方にアドレスと墨汁の画像を送っていただきました。

f:id:bokujyuumai:20161215072730j:plain

 

手続き間違えて実家に1箱送ったのは内緒です

 

今回の景品は

1位・・・3,000円分のスコッチ(送料込み)or 1,000円分のビットコイン

2位・・・2,000円分の墨汁

3位・・・500円分のビットコイン

4位・・・300円分のビットコイン

5位・・・100円分のビットコイン

 

総額約6,000円となっております。現物持ってないのでスコッチ飲めない下戸の方は1000円分のビットコインというものを用意してみました。

 

クリスマスのため前回の倍以上の景品額となっております

 

投票ルール

・投票トークンのXSMは投票イベントごとに配布します。

・50XSMで1投票とします

・一人最大3投票でそれを超える4投票をした場合は全て無効とします

・同一アドレスには現状一点張りしても当選者の選出方法がアドレス識別なため当選確率があがりません。今後改善します。

・50XSM以下は無効票となりカウントされません

トランザクション手数料は参加者の負担となります(手数料は低で大丈夫です)

 

 

さて今回は12月25日0:00のビットコイン価格を予想してもらいます。

価格はbitFlyerの現物価格とします 当選方法は前回と同じで乱数生成後にランダムで決めていきます

 

当選者発表後5日以内に1位と2位の方が名乗り出ない場合は無効とします。

当選発表後該当のアドレスをお持ちも方はツイッターにでDMをください

 

 

選出方法は下記サイトにて文字列の乱数を3つ生成し、正解者のアドレスから1文字ずつ参照、一番類似してる方とします。

複数のランダムな文字列を作成します - random string generator

(今後予告なく最適な方法に変更する場合があります)

 

投票所

 下記からアクセスできます。

xcp.how2nyan.info

 

期間は本日12月19日~12月22日

その後は自動でロックされるのでおきをつけください。

 

このブログは下記サイトへと移転しています。

ethereum-japan.net

 

 

ビットコインのボラティリティ低下の起こすメリットと時価総額の分析

ビットコインボラティリティ

ここ1年にわたって、ビットコインボラティリティレートは実質減少しており、2016年初めの4.97%から12月には1.41%に低下した。時価総額で多くの積立金または元などの国内通貨に追い抜きビットコインは2016年更に安定しました。

 

f:id:bokujyuumai:20161214021149p:plain

 

実際の時価総額の比較

さてここで2016年12月14日現在の暗号通貨の時価総額ランキングを見てみると1位は圧倒的ビットコイン

 

$12,526,130,127 = 1兆8789億円  (*115円換算)

 

これを各種時価総額と比較してみます。

f:id:bokujyuumai:20161214021656p:plain


1)日本の株式

まずは日本の株式を見てみると安定のトヨタ自動車(株)が1位で時価総額約23兆円

続いて2位㈱NTTドコモ、3位㈱三菱UFJと続きます。

 

さらに上位4位は桁違いの10兆単位となっています

 

 

f:id:bokujyuumai:20161214023211p:plain

ヤフーファイナンス参照

 

更にしたを見ていくとビットコインの約1兆9千億円の時価総額は日本で見ると第61位となりセコム㈱やスズキ㈱、三菱重工業㈱、キリンホールディングス㈱とならぶ時価総額であるということがわかります。

 

微妙じゃね

 

全体から比較すると東京証券取引所に上場しているのは全部で3581社であり、単純換算で61位おおよそ東証一部に上場となるでしょう。

 

(*暗号通貨であり株式ではないので単純比較はできないのですがイメージし易いように書いています)

 

f:id:bokujyuumai:20161214023830p:plain

 

2)中国の株式

また中国の株価で見た場合全部で2161社上場の中上位1位は騰訊控股(Tencent)で26兆2323億円。

 このテンセントは超人気オンラインゲーム「League of Legends」の米ライアットゲームズ社、スパムレベルの広告「クラッシュオブクラン」のスーパーセル社の親会社

まさに世界的起業です。

また4位は誰もが知っているHSBCロンドンのカナリーワーフに本社を置くメガバンク

トルコのアタテュルク国際空港にあってびっくりしました

その超大手HSBCが19超1697億円

 

f:id:bokujyuumai:20161214030017p:plain

 

ではビットコインはどうでしょう?

第38位は華潤置地(チィアナリソーシズランド)で1兆8948億円、中国国内50大都市で不動産業を主力に行っている。ああレ◯パレスみたいなものk(

 

39位にビットコインが入り、40位には中国石油天然気(ペトロチャイナ)で1兆8056億円、ウィグル自治や四川省で油田、天然ガスの探査開発にスーダンで石油の大量買い付けを行っている。

また中国国内で17,000軒に及ぶガソリンスタンドを経営 ああENE◯Sね(

 

f:id:bokujyuumai:20161214031943p:plain

Searchina参照

 

専門家のビットコインボラティリティの見解

 

 中国で現在OKCoinと首位争いを展開している中国大手ビットコイン取引所「BTCC」

の創設者であり、現CEOのボビー・リー曰くビットコインボラティリティの低下を讃える中、リー氏はビットコインボラティリティの収束はいいことであり、ビットコインを資産として貯蓄することができるという証明の証拠であり、ビットコインは通貨として成熟した。また資産貯蓄は事実上デジタルへと移行することができ、ビットコイン時価総額は2兆円を超える」

と述べています

 

一部の投資家や専門家、トレーダーがビットコインボラティリティは特に資産または指数関数的に成長するビットコインのような通貨に利益をもたらすと論争する中、リー氏とマスタリングビットコインの著者として知られているアンドレアス氏とその他のビットコインの第一人者は「一般人と主流のユーザー基盤に通貨として供給するにはビットコインは低ボラティリティレートを維持する必要がある」と説明しています

 

2015年半ば、ビットコイン価格が急速な高騰と需要の増加を証明したとき、アンドレアスは「最近のビットコインショートスクイズ(ショートに傾いてる際大きく買いを仕掛け相場を誘導する)と急速な価格の高騰に興奮しすぎないこと、ボラティリティは上昇相場でもよくないものです」と述べました

 

ほとんどのビットコイン専門家と金融業界はこの分析とアンドレアス氏とリー氏のような専門家の見解に同意しており、ビットコインの技術的、経済的成熟により、業者のユーザー基盤、ビットコインを代替資産の代わりの実際のグローバルな通貨として

みる20代などの若者と日々のユーザーの増加を継続的に見ることができます

 

従ってビットコインが成長と安定を継続するために、ビットコインネットワークのほとんどのユーザーと日々にとって低ボラティリティレートは重要なものとなります

 

例えばビットコインの安定性の向上はビットコイントランザクションまたはオンラインとオフライン両方で商品とサービスを売る支払い方法に頼っている業者に利益をもたらしはじめました。以前まではほとんどの業者は大幅に変動するビットコイン価格を取り扱わず、固定したビットコイン価格での支払い機能を使用していました。

 

時間とともにビットコインはより安定し、グローバルな資産の貯蓄方法として認識され、ビットコインの価格上昇、ビットコインユーザーの増加と暗号通貨入手のしやすさを向上し、非中央集権で効率的な資産の貯蓄方法として大衆に確率します。

 

参考記事

www.cryptocoinsnews.com

 

結論と考察

ビットコインの高ボラティリティはスキャトレーダーやデイトレーダーにとってはとても重要なものであり、トレードで儲けるためにはボラティリティの低下は大きな問題となります。

bitFlyerのFXを例にあげると買建玉も売建玉も-0.04%/日であり、年換算では14.6%となります。これはリボ払いとほぼ変わらない金利です(むしろ高い)

現状FXでは売りも買いもスワップポイントをとられてしまいます。さてボラティリティが下がってきている中トレードするについてのうまみは低下しているということです

 

bitflyer.jp

 

ただしアンドレアス氏やリー氏のいうようにボラティリティが低下することにより決済方法としての手段としてより手軽に使うことの可能性を広げ、本来の通貨としての流動性が増えれば現在の限定されたビットコインユーザーにかぎらず多くの人々に世界的に使われていくことになるでしょう。

 

またインドやベネズエラの様に高額紙幣の廃止による国の通貨の価値が失われるという自体や、中国の様にイーサリアムクラシック(ETC)が受け入れられている非中央集権を好む国での資産としての逃がす先として好まれることにより、現物価格の上昇を更に加速させるものになると考えられます。

 

bitFlyerのFXも今後変わっていくものとなるでしょう

 

このブログは下記サイトへと移転しています。

ethereum-japan.net

 

 

ビットコインアンリミテッド(Bitcoin Unkimited)の重大な欠陥とスティッキーゲート(Stiky Gate)

 

こちらのツイートを見られた方はいるでしょうか?ビットコインアンリミテッドにかなり重大な欠陥が見つかったというものであり、とても話題を読んでいます。

 

 

ビットコインアンリミテッド

https://www.bitcoinunlimited.info/img/bitcoin-unlimited.png

ビットコインアンリミテッドのチーフデベロッパーによると、デベロッパーはアタッカーが「ビットコインアンリミテッドのチェーンの邪魔」をすることが可能であることに気づき、この問題を修正することは「チェーンコンバージェンスに多大なる悪影響を与える」

ユーザーはビットコインアンリミテッドを実行しないことをおすすめします。コンプレキシティーは更にましている。

 

スティッキーゲート(Stiky Gate)

ブロックサイズの大きなもの受け入れる部分的なメカニズムとして、ビットコインアンリミテッドは「スティッキーゲート(Stiky Gate)」という機能があり、もしビットコインアンリミテッドのノードが「指定のリミット」より大きなブロックを確認、そしてそのブロックがAD確認を受け取ると、スティッキーゲートは24h(144ブロック)開かれます

このスティッキーゲートが開かれている間はどうやらノードはブロックサイズのリミットがほとんどない状態であるようだ

 

ビットコインアンリミテッドのコミュニティメンバーはスティッキーゲートについてのいくつかの問題点を確認し、下記のようにまとめている

 

スティッキーゲートがビットコインアンリミテッドの緊急コンセンサスの基本であるが、厄介なものであってはいけません。公開されたAD値とブロックサイズの確認がないスティッキーゲートが開いている間の2つのコンビネーションによりリスクが生じ、ビットコインアンリミテッドチェーンを崩壊させるというプレゼントを悪意のあるアタッカーへプレゼントしているということですアタッカーの手順は正規のビットコインアンリミテッドノードがADより1ブロック多い競合チェーンを生成する前に、過度なブロックを生成し、続いてADブロックの確認で、もし悪意のあるアタッカーがブロック生成に成功した場合、どのようなサイズでもいい144ブロックを所持することになる。

そしてアタッカーは可能な限りの巨大なブロックを送信し、ビットコインアンリミテッドのブロックとして永続的なチェーンとなり、チェーンを断片化する可能性があり、全てのビットコインアンリミテッドユーザーにつけこむ、または一部のユーザーをネットワークから追い出すことになるまたは両者ともにおきるということです

 

 

 

元ソース

bitco.in

 

その後「スティッキーゲート」を取り除く提案がされ、(この提案をしたユーザーは公式にビットコインアンリミテッドのメンバーではないため、自身でこのプロポサルを作成できません)ビットコインアンリミテッドの公式の主事はスティッキーゲートの廃止をサポートしています。

 

スティッキーゲートの廃止をサポートする 

 

bitco.in

 

しかし、スティッキーゲートの廃止は一つのチェーンに集中することの失敗を意味し、より大きなブロックの生成された時、EB設定の低いマイナーは小さい方のチェーンへとフォークしようとし続けます。ビットコインアンリミテッドの公式チーフデベロッパーは下記のように説明しています。

 

スティッキーゲートの廃止

スティッキーゲートの廃止はチェーンコンバージェンスに多大な影響を与え、緊急コンセンサスのアルゴリズムの意図は、ビットコインアンリミテッドのノードとマイナーにブロックサイズの望ましくない変更に対して抵抗することを可能にするものですが、もしハッシュパワーの大多数がマイニングした場合は変更を受け入れます

ですが、BUIP038が通ればマイナーはブロックサイズの変更とチェーンチップに集中することは一切なくなります。

これは常に低いブロックサイズにフォークしようとすし、チップの後のADブロックを開始します。(とても大きなディスアドバンテージとなる)

 

ソース

bitco.in

 

この重大な欠陥の多大な影響を認識し、ビットコインアンリミテッドユーザーにはこの問題が解決するまでビットコインアンリミテッドを実行しないことを強くすすめます。

チーフデベロッパーはコンプレキシティーのレベルとビットコインアンリミテッドのシステムのアブストラクションを大幅に引き上げることによりこの問題を解決しようという試みを新しいプロポッサルで決定しました。

 

デベロッパーの説明によると

ある程度の可能性のある攻撃の問題とチェーンのコンバージェンス特性を解決するため、アルゴリズムは以前の過度のブロックと比べ、どれほどのEBがブロックに実行されてるかに比例しADの引き上げ修正されなければならない。

しかし最初の過度のブロックは現在ADブロックを待つべきである。EADのグラフは

初期の過度のブロックまたはそれ以降のブロックかどうかに基づいて異なる。

それ以降の過度のブロック

過度のブロックは最初のブロックより少し大きいだけとなり、初期ADの壁を持つべきではない。もし初期の”壁”がブロックごとに存在し、少し大きい場合にマイナーは「常に後続」という処理を他のマイナーに強いることができる

 

この戦略は問題がコムプレックスシステムにより識別された時現れ、新しいコムプレキシシティのレイヤーとアブストラクションが生成され、懐疑派が効果的で簡潔なチャレンジをビットコインアンリミテッドの機能にに行うことを難しくします。

私見によると、この新しい高度なコムプレックスとブロックサイズを引き上げる貧弱な方法論は評価するにあたらないでしょう

 

結論と考察

ものすごい久々のビットコインの記事となりました。7月の終わりからずっとイーサリアムとイーサリアムクラシックを追っていたため現在のビットコインの動向はほとんどわかりません。

 

問題となるブロックサイズへの対応メカニズムが仇となっているようですね。ヴィタリック教といいメロトロポリスで今後ハードフォークしやすくするイーサリアムとは大違い、全体の95%のノードがサポートしなければならないという厳しい条件の中取引所でもサポートは全然進んでいない様子なかなか難しいところです。

 

対してインドの煽りかビットコイン自体は現物90kを超えやはり100kを目指しているという次第です。ビットコイン自体は暗号通貨の主要通貨であり、基軸なのでユーザーの9割以上が実際の開発や問題点などを知らないため価格への影響は私見ではそこまでないと見られます。

 

このブログは下記サイトへと移転しています。

ethereum-japan.net